リリース日時
2022-02-25 00:00
ページ数
24ページ
シリーズ
作家さん
出版社
品番
b182asnw01058
屋敷のアトリエでキャンバスに向かう一家の主は、慌ただしく部屋に駆け込んできたお手つだいを叱責するが、彼女の口から絞り出された凶報に凍り付く。妻の小百合が交通事故で命を落としたというのだ。
それ以来、傷心のあまり、アトリエに閉じこもってろくに食事も摂らない主に――つまりは父親に特別な想いを抱く長女の理恵子は、心配こそするが、次女の佐枝子に対して、代わりに貴女が死ねば良かったのにと毒づく始末。
理恵子は、このどこか儚げな佐枝子に対しても歪な感情を胸に秘めており、嘘つき顔で非礼を詫びたいと妹を入浴に誘うと、自らの体をこすり合わせ、自分のものより大きい乳房を揉みしだき、耳たぶを舐め、さらには肩を噛み、禁忌の行為で佐枝子を翻弄。
さらにエスカレートした姉は、妹の秘部にタワシの柄を挿入するなど、残虐な性行為を繰り返すのであった。

そんなある日、未だ心を閉ざす父親に対して理恵子は、父娘の一線を超えるかのごとく…!?
WEB SERVICE BY FANZA